メガネをお探しですか?

  • トップページ
  •  > 
  • 案外知らない。悩みを解決してくれるレンズ12選
  •  > 
  • 傷に強いレンズ(超硬コート)

傷に強いレンズ(超硬コート)

こんな方にオススメ。

  • 今使用しているメガネの傷が気になっている方
  • ほこりやチリの多いところで仕事をする方
  • 小さなお子様にしょっちゅうメガネをいじられる方
  • メガネのお手入れが苦手な方

 

プラスチックレンズは、ガラスレンズに比べて軽くて割れにくいので安全ですが、どうしても素材自体の特性上(柔らかいため)は弱い側面があります。

ガラスのコップとプラスチックのコップ、どちらが傷つきやすいかイメージしてみてください。

何となくお分かりですね!

 

・知らず知らずのうちに傷が付いていた…

・何か曇ってるな~と思って拭いてみても取れない、良~く見ると細かい傷だった!!

という経験はありませんか?

あるある、と思った方は… そうです、超硬コートレンズを使ってみると良いかもしれません。

 

これは、独自のコーティングで表面を硬化させることによって、傷に強いレンズを実現しています。

次はメーカーの傷耐性実験です。

超硬コートレンズ

実験結果のように、このコートをしていない通常レンズに比べるとかなり傷に強いことが分かります。

 

ただし、鋭利なもので擦ったりすると傷になりますのでくれぐれもご注意ください。

また、絶対に傷が付かない、ということではないので、その辺はご了承ください。

日常使用で付きやすい、細かい傷に対してはかなり有効といえます。

 

△ページTOPへ

傷が付くとレンズはどうなるのか?

プラスチックレンズには、メガネを使う人が取扱いやすいように、また快適な視界を得られるように、レンズの表面に薄い膜を 何層もコーティングを施しています

コーティング

メガネレンズに傷が入ると、そのキズに水分が入り込み、これらのコーティングを浮かして

剥がしていきます。

つまり、傷がつくとコート剥がれの原因となります。

コーティングがはがれてきたレンズ

コート剥げの初期は、一見すると汚れに見えてしまい、それをゴシゴシこすって落とそうとするとよりコーティングが剥がれていってひどくなっていきますので、分からない場合はお店にお越しください。

 

また、コーティングが剥がれてしまったレンズは修復は不可能で、レンズを新しく取り替えるしかありませんので傷は充分に気を付けてくださいね。

正しいメガネのお手入れについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください メガネのお手入れ方法

 

△ページTOPへ

本当に傷に強いレンズをご希望の方はガラスレンズを。

どうしても傷が気になる、できるだけ傷に強いレンズがいい、という方には、ガラスレンズをオススメします。

プラスチックレンズにいくら硬化コートを施しても素材の限界がありますので、傷についてはガラスレンズの方が強いです。

 

せっかくなので「傷」以外にも、プラスチックレンズとガラスレンズの長所と短所をまとめてみました。

 

本当に強いガラスレンズ

 

このようにガラスレンズの長所を眺めてみると、実はいろいろなシーンでガラスレンズが向いている場合があります。

 

△ページTOPへ

ガラスレンズが向いている場合

傷に強いので...

  • ホコリの多いところ、農作業や外で作業する方
  • ファインダーを覗くカメラマンの方

  (通常のプラスチックレンズの場合、丸く傷が付きますよ(笑))

 

屈折率が高いので...

  • 強度近視の方で、できる限り薄くしたい方

 

熱に強いので...

  • 中華料理やフランス料理など火力を使うコックさん

  (プラスチックの場合、瞬間でコーティングがひび割れることがあります)

  •  高温環境で仕事をされる方
  •  冷凍庫など温度差が激しいところで作業される方

  (プラスチックは急激な温度差によってもコーティングがひび割れます)

 

透明度が高いので...

  •  目の感度が高い方
  •  プラスチックレンズでは曇ったように見える方

 

〈ガラスレンズが向いている場合〉に当てはまる方は、一度ガラスレンズも検討してみてはいかがでしょうか?

△ページTOPへ

page top