メガネをお探しですか?

  • トップページ
  •  > 
  • 知っていましたか?メガネの○○なこと
  •  > 
  • なぜ、レンズに傷が付くのか?

なぜ、レンズに傷が付くのか?

「あれ、ちょっとレンズが曇ってるな...」と思って、拭いてみたけど変わらない。

それでレンズをよ~く見てみたら、「傷が付いてる!!」ということはありませんか?

しかも..

知らないうちに傷が付いていた。。(+_+)ガ~ン。

 

そう、メガネレンズ(プラスチック素材)は傷に弱いのです。

しかも、知らないうち..ということは、逆に言うと、知らず知らずのうちに傷を付ける行動をしていたということに他なりません。

 

では、どのような行動が傷に繋がったのか?

それは、から拭きです。

 

一見きれいに見えるレンズでも、空気中のチリやホコリ等、細かな異物が付着しています。

 

異物

 

 この異物が付いたままレンズを拭くと、異物が表面を引っ掻いて、細かな傷が付くというわけです。

 

傷がつく

 

 

△ページTOPへ

メガネ拭きでもダメです。

から拭きは、メガネ拭きであってもNGです。

例えば、細かな砂をレンズの上に載せた状態で拭くとすると、それはメガネ拭きであろうとなかろうと傷が付きますよね、ということです。

 

逆に、メガネ拭きに、ほこりや異物が付いていると、仕上げ拭きであっても傷が付いてしまいますのでメガネ拭きも、定期的に洗濯をしてキレイな状態を保つようにしておきましょう。

 

△ページTOPへ

よく、やってしまっている傷を付けるその他の行動

「から拭き」の他に、意外とやってしまいがちな行動の中にも傷の原因があります。

メガネを外して机の上に置く際に、レンズが下になって置いている。

傷をつける行動

 

 

メガネケースに入れないで、メガネをそのままポケットやバックに突っ込んでいる。

 

 

ポケットにそのまま入れる

ポケットにそのまま入れる

 

とりあえず、洋服ハンカチティッシュで拭いてしまう

ハンカチや服で拭く

ハンカチや服で拭く

 

これらのことを何気なくやっていたら要注意です。

分かっていながらも「ついついというのも禁物です。

 

 

△ページTOPへ

正しいメガネのお手入れ方法

以下のようにお手入れをしていただくと、ほとんど傷が付かずにレンズが長持ちします。

プラスチックでも5年、10年と傷が付かずに長もちしますよ。

 

正しいお手入れ方法

水洗いすれば、仕上げのメガネ拭きを使わなくても、ティッシュで水分を拭き取るだけで

キレイになります。

 

油汚れがひどい場合には、次のように、水をタッパか何かに溜めて、台所用の中性洗剤

を数滴たらして、薄めた水でメガネをすすぐとキレイになりますよ。

 

中性洗剤で洗浄する

 

 

△ページTOPへ

アルカリ性と酸性に弱い

重ねて言いますが、洗剤は、台所用の中性洗剤を使用してください。

メガネレンズは、表面にコーティングを施していて、カビとり剤、アルカリ性酸性の洗剤、

化学製品・薬品、整髪料等がレンズに付着すると、コートが剥がれたり、シミとなって

取れなくなったりします。

 

汗や皮脂は酸性や弱酸性になりますので、よく汗をかきやすい環境で使う場合は他の人より

劣化がすすみやすくなります。

 

石鹸やハンドソープはアルカリ性、弱アルカリ性なので、これらで洗浄するのも避けてください。

結構、手と一緒に洗ってしまっている方を見かけますので。

 

アルカリ性によるコート膜異常

△ページTOPへ

もっと簡単に傷が付かないようにしたい!という方は

どうしても、性格的に大雑把なところがあって、なかなかこのとおりにできないな...

という方は、傷に強いコーティングもオプションでご用意していますので、そちらを付けて

傷をなるべく防ぐ、という方法もあります。

傷に強いコーティングをもっと詳しく知りたい方は 

→ 傷に強いレンズ

 

 

△ページTOPへ

page top