コンタクトレンズをお探しですか?

  • トップページ
  •  > 
  • 知らないと危険!コンタクトレンズの○○
  •  > 
  • 目の傷は危険信号!

目の傷は危険信号!

みなさん、目にも傷がつくというのはご存知でしょうか?

実は、この小さな目の傷(角膜表面にできた傷から目の病気が起き始めることが多いのです。

この傷というのは、角膜表面の上皮(じょうひ)細胞が部分的に欠損した状態のことです。

角膜表面の傷

 

これは、コンタクトレンズの汚れ乾燥ドライアイ、コンタクトレンズとケア用品の不適合による反応などコンタクトレンズ使用者に多く見られます。

上皮細胞は、代謝が活発で修復速度も早いので、軽度であればコンタクトレンズを外しておけば、自然治癒しますが、そのままコンタクトレンズを使い続けたりすると、いつまで経っても治りません。しかも、この傷は軽度のときは、あまり自覚症状がなく、あっても軽い異物感であったりと、自身では判断ができません。

そして、一番怖いのが、この傷がついた状態というのは、バリア機能が低下して、細菌などに感染しやすい状態であることなのです

△ページTOPへ

さらに進行すると…

さらに進行すると傷が深く大きくなり、角膜の深い部分の実質層まで欠損する角膜潰瘍(かくまくかいよう)へと伸展します。

角膜潰瘍(かくまくかいよう)

 

激しい痛み充血目ヤニなどの症状があります。治癒した後も混濁が残ることがあるため、その部分の透明度を失います。

そして、細菌感染を伴った場合、失明にいたることもあります。

△ページTOPへ

未然に防ぐには

では、このようになる前に防ぐには、定期的な眼科の受診や、何かいつもと違うと感じたら受診することしかありません。

軽度の傷の場合は、自覚症状が出にくいので自身で発見することはできませんので。

 

早期に発見し、バリア機能が低下した細菌に感染しやすい状態を、感染を起こす前に早く治療することが重要となります。

感染防止がポイントです。

△ページTOPへ

page top