メガネをお探しですか?

  • トップページ
  •  > 
  • もしかして…こんなお悩みありませんか?
  •  > 
  • 遠近両用を作ったけど見づらい…

遠近両用を作ったけど見づらい…

「遠近両用メガネを作ってみたけど、どうも近くが見づらい…」

これは遠近両用レンズ(境目のない)を使ってみて、時々言われることです。

 

原因としては、遠近両用レンズの構造がよく分からない、

そして、その構造ゆえの遠近両用レンズが向かない場合に使っている、ということにあります。

よって、この2つを理解したうえで遠近両用を使用すると、こういうことは少なくなります。

 

では、まず遠近両用レンズの構造ですが、簡単に言うと下図のようにそれぞれ対象物までの

距離によって、レンズ全体の中で、見る部分が分かれています。

(遠くのものを見る場合は水色の部分で見る、近くの物を見る時はピンク色の部分で見る)

このように、近くを見る場合は、レンズの下の方で見なければ見えません。

 

遠近両用の構造

 

意外と多いので驚きますが、近くを見るときに正面付近で見ている方が結構いらっしゃいます。

当然、正面付近は遠方~中間度数ですので、見にくい、もしくは疲れる、という症状が出てきます。

しっかりと下目遣いで、近方の度数を通して見ることが必要です。

なので、このレイアウト図は頭の中に入れておき、見にくいな…と思ったら思い出して目線を修正

してみてください。

 

次に「遠近両用レンズが向かない場合」に使っているという問題です。

これは、遠近両用の近くが見える範囲が狭いという理由によって起こります。

加入度数(遠くの度数と近くの度数の差)によって若干異なりますが、

おおよそピントが合っている範囲はハガキ1枚分くらいです。

あぁ、狭いですね...😞

 

このように、近くが見にくい(視野が狭い)レンズなのに、近くを長時間見る時に使ってしまっている

という「遠近両用レンズが向かない場合に使用している、という事態が起こってしまって、

近くが見にくい、となってしまうのです。

 

遠近両用レンズは近く視野狭いレンズであるということも覚えておく必要があります。

 

こちらもお読みください。

 → 知っていましたか?遠近両用は万能ではありません

 

 

△ページTOPへ

page top