メガネをお探しですか?

  • トップページ
  •  > 
  • 案外知らない。悩みを解決してくれるレンズ12選
  •  > 
  • 網膜を光から守るレンズ

網膜を光から守るレンズ

「加齢黄斑変性」という目の病気を聞いたことがありますでしょうか?

これは、網膜の黄斑という部分の老化により視力が低下したり、視界が歪んだりする病気です。欧米では失明原因の1に挙げられ、日本でも急増しています。

 

昔に比べて、タブレットやスマホを使用する頻度が多くなり、目にストレスを与える青色光に

さらされる時間が長くなったのが原因のひとつと言われています。

 

この加齢黄斑変性を防ぐ意味で注目されているのが「ルテイン」という栄養素です。

網膜の黄斑部に多く含まれる黄斑色素「ルテイン」は、

目の酸化ストレスの原因となる青色光を吸収して網膜を保護する役割があります。

さらに、ストレスで発生した活性酸素を除去する力もあります。

 

そして、この網膜のルテインを豊富に保つことが眼の老化を防ぐことになります。

 

 ルテインは体内で作ることができない

しかし、このルテインは、ほうれん草やブロッコリーなど緑色の野菜に多く含まれていますが、食事による摂取サプリメントの摂取以外では、体内で作ることができません。

ルテインは体内で作ることができない

つまり、ルテインは、食事で摂るかルテインを減らさないか、という方法しかありません。

そこで、有害な波長からルテインを保護することが重要視されています。

△ページTOPへ

研究によって目に有害な波長を特定

酸化ストレスやルテインの劣化に影響が大きい波長の範囲 400~420nm

研究によって目に有害な波長を特定

 

実際に、420nmのブルーライト波長をだすレーザーポインターを

ルティーナレンズに透過してみました。

凄いですね、ほぼカットしています!

ルティンを保護

このようにルティーナレンズは、従来の400nmまでの紫外線カットに加え、

さらに400~420nmの光をシャープにカットして、酸化ストレスやルテイン劣化に影響を与える光を、約94%防ぎます

 

そして、このレンズを日常的に装用することで、目の健康を保つ効果が期待できると考えられています。

△ページTOPへ

page top