メガネをお探しですか?

  • トップページ
  •  > 
  • もしかして…こんなお悩みありませんか?
  •  > 
  • 目を小さく見せない方法教えます。

目を小さく見せない方法教えます。

「メガネを掛けると目が小さく見えるのが嫌なので、

何か目を小さく見えないようにする方法はありませんか?」

という相談を受けることがあります。

 

近視が強い人ほどメガネを掛けると実際より目が小さく見えてしまうので、それが悩みになっていての相談です。(遠視の人は逆に目が大きく見えてしまいます)

 

では、目を小さく見えないようにする方法があるのか、というとメガネの特性上、全くなくすることできませんが、ある程度軽減させることはできます。

 

△ページTOPへ

方法は2つ

とメガネレンズとの距離を縮めるという方法です。

物理的には、これが一番効果の高い方法です。

目とメガネレンズとの距離を縮める

黒目の中心(瞳孔)からメガネレンズまでの距離が長くなるほど

近視の場合は、目が小さく見えます。(遠視は逆に大きく見えます)

そこで、この距離をフィッティング(メガネの掛け具合の調整)で短くします。

 

もしくは鼻パットの付いていない固定式のフレームを選びます。

(ただし固定式だと少しメガネがずり落ちやすいという欠点もあります。また、小さめのフレームも少ないのが難点です)

固定式のフレーム

固定式のフレーム

 

試しに距離を変えて掛け比べてみました。

距離を変えて掛け比べてみました。

ちなみに、3cm離してみると…

3cm離してみると…

どうですか?意外と違うでしょ。

 

一般的に、この距離は12mmが基本と言われているので、短くても大丈夫なの?

という疑問を持つ方もいらっしゃるかと思いますが、12mmより短くても特に問題はありません。

逆に短くしたことによるメリットが、目が小さく見える度合いの軽減の他にも多くあります。

 

1.フレームが視界に入りにくくなるため、視野が広くなる

2.空間の歪みが小さくなる

.距離感がより自然になる

.度数が弱くて済むので、若干レンズの厚みが薄くなる

 

ただし、ひとつ注意点があります。

それはレンズが目に近づくほど、近視の場合は矯正効果が上がる(良く見える)のでメガネの

度数の処方の際には、装用距離に合わせて度数を決定する必要があるということです。

 

△ページTOPへ

2つ目は、フレームの枠を小さくするという方法です。

 

試しに、大きいフレームと小さいフレームを掛け比べてみました。

どちらも、目とレンズとの距離は同じです。

 

フレームの枠を小さくする

フレームが大きい方が、目が小さく見えてしまいます。これは目に対してフレームの面積が

大きいほど、目が小さく見えるという錯覚から起こるのと、フレームが大きい方が、

顔の輪郭の内側への入り込みが強調されるため、より目が小さく見えてしまうのです。

 

デザインの制約が出てしまいますが、フレームの大きさが小さい方がより小さく見えます。

レンズの厚さも薄く、軽くできますよ!

 

他にも両面非球面レンズを使うと軽減しますよ、と言われたことがある人もいると思いますが、上述の2つの方法のほうが効果は大きく、両面非球面単独での効果はあまりないでしょう。

 

 

△ページTOPへ

page top