メガネをお探しですか?

  • トップページ
  •  > 
  • 案外知らない。悩みを解決してくれるレンズ12選
  •  > 
  • 熱に強いレンズ(耐熱コート)

熱に強いレンズ(耐熱コート)

こんな方にオススメ。

  • 車中にメガネを置いておきたい方
  • 火力を使う料理好きな方
  • バーベキューや焚き火をよくする方

 

プラスチックレンズの弱点のひとつに、意外と知られていない「熱」があります。

キズだと思って、メガネ屋さんに行くと、「あ~、これは傷ではなくて熱ですね」と言われた

ことがある人はお分かりかと思います。

 

これは、メガネレンズには快適な視界を確保するために、様々なコーティングを施していますがこれが熱によってひび割れてしまうのです。

 

レンズは熱に弱い

△ページTOPへ

ひび割れのメカニズム

プラスチックレンズは、有機質と無機質の組み合わせで出来ています。

 

有機質のプラスチック基材は約60℃以上の熱が加わると体積が急に膨張する性質があります。

しかし、無機質の反射防止コートは、きわめて薄い金属膜でほとんど膨張しない為、

プラスチックの膨張に耐え切れずクラック(ヒビ割れ)が発生します。

ひび割れのメカニズム

 

次のような、無数の細かい線が「クラック」です。こうなると修復は不可能です。

細かい線がクラック

 

クラック

 

これは、使用年数に関係なく、熱の影響を受けた時に入りますので、購入した当日にも

こうなってしまう可能性はありますので、注意が必要です。

また、クラックを歪み計でみると下記のように膨張の跡がみられます。

膨張の後

また、このクラックからレンズの表面のコーティングが剥がれてくる場合があります。

これは、キズからも同様ですが、クラックやキズから水分などが染み込みコートを浮かせて

剥がしていきます。

コーティングがかなり剥がれてきたレンズ

コーティングがかなり剥がれてきたレンズ

 

 

△ページTOPへ

耐熱コートをして実験

耐熱コートは果たしてどのくらい耐えられるのか?ちょっと興味本位で実験してみました。

100度~130度のヒーターに2分間入れたまま放置した結果。

耐熱コート実験

 

通常のコートは上の写真のように、かなりクラックが入りました。

耐熱コートは全くクラックが入らず、「かなり耐えられるな」という印象を受けました。

 

 

△ページTOPへ

日常に潜む熱の危険

では、熱によるクラックが入ってしまう、よくある事例を挙げてみましょう。

 

車のダッシュボードの上に置いたままにしておく。

  炎天下の車内温度70℃~80℃ 炎天下の車内温度70℃~80℃

 

 

焼肉の鉄板や炭火の放射熱(約70℃)にあたる。(鉄板の横に置いておく)

焼肉の鉄板や炭火の放射熱

 

クッキングヒーターの高温に近づいた。(トッププレート約120℃


クッキングヒーターの高温に近づいた。(トッププレート約120℃)


焚き火やバーベキューの火のそばに近づく

焚き火の炎は800度とも言われています。


サウナにメガネをしたまま入る。サウナ中段で80℃

サウナ中段で80度


ドライヤーの熱風にあたる。10cm離れても70℃以上

       10cm離れても70℃以上


夏の砂浜に放置。砂上温度60℃以上

夏の砂浜に放置。砂上温度60℃以上


ヒーターの熱風にあたる。吹き出し口付近の温度は80℃以上

        吹き出し口付近の温度は80℃以上

△ページTOPへ

急激な温度差にも注意してください。

熱以外にも急激な40℃以上の温度差によってもクラックの危険性が高まります。

急激な温度差

これらのような環境で使う場合や、心配な方は、この耐熱コートをしてみてはいかがでしょうか。

△ページTOPへ

page top