コンタクトレンズをお探しですか?

本当は怖い!コンタクトレンズ

コンタクトレンズはメガネと違って視野も広く、自然に見えるので

ついつい早朝から深夜まで使ってしまう、という人も多いかと思います。

 

そうなると、眠いのを理由に手入れが面倒で手を抜いたり、

最悪、そのまま眠ってしまった!という経験があるかもしれません。

 

痛くもかゆくもないし、友達も同じように使っていて問題ないので

「私も大丈夫」と思っていませんか?

 

メガネよりも楽で便利なコンタクトレンズですが、

実は、使い方を間違えると失明することもあるのです。

 

 

黒目に菌が繁殖して失明するケース

あなたは、毎日コンタクトケースを洗っていますか?
また、つける前に20秒以上すすぎ洗いしていますか?

 

まさか、コンタクトやケースの手入れをせず、毎日朝から深夜まで着けたり

時々つけたまま寝てしまったりしていませんよね?

 

そんなことを続ければ、ケースやコンタクトに繁殖してしまい

ある日突然、黒目が真っ白になって失明する可能性があります。

実は、このような菌は普通の家庭の台所や洗面所にうじゃうじゃいるものなのです。

 

以下の写真は実際にそうなってしまった患者さんの目の画像です。

こうなっては、もう二度と見えることはありません。

 

細菌性角膜潰瘍(さいきんせいかくまくかいよう)

 

 

△ページTOPへ

?

?

コンタクトを長時間つけると黒目の細胞が死んでしまい、
失明してしまいます

コンタクトを早朝から深夜まで、毎日休まずに使い続けていると、酸素不足になってどんどん

細胞が死滅していきます。

 

実はこのの細胞は減ってしまうと増えないのです。

このため、下図のように、生き残った細胞が仕方なく大きくなるのですが、

ある一定の数まで減ると突然失明します。

 

しかも失明寸前なのに、痛くも痒くもなく、ちゃんと見えるので、気付かないうちに重症になってしまいます。

しかも怖いことに、これは通常の診断では分からないため、

自分から申告して定期的に眼科で目の細胞を撮影するような診断を受けた方がいいでしょう。

ちなみに、この画像の方は、メガネが嫌いなので殆ど使っていなかったそうです。

本当は怖いコンタクトレンズ

 

何歳までコンタクトを使いますか?

若々しくて活動的な方でも、70歳以上になるとコンタクトレンズの取り扱いがおぼつかなくなってメガネ100の生活になります。

 

若いお客様の中には、メガネが苦手な方がいらっしゃいます。

でも、若い時にメガネが苦手だった方が、70歳を過ぎた時に、

急にメガネ100%の生活に変えられるでしょうか。

恐らく無理でしょう。

 

かなり辛い思いをするのは間違いありません。

苦手を克服するのは、若い方が絶対有利です。
今のうちに是非メガネに慣れておいて下さいね。

 

 

△ページTOPへ

コンタクトで失明しないために、必ずメガネも使いましょう

当店では、日常生活ができるメガネがない方には、原則としてコンタクトレンズを販売しません

 

お客様の目の健康を守って、末永くお付き合い頂けることが一番重要と考えているからです。

少し冷たいと思うかもしれませんが、ご賛同いただけない方は、恐れ入りますが他店をあたってください。

 

 

△ページTOPへ

page top