コンタクトレンズをお探しですか?

  • トップページ
  •  > 
  • これで解決!コンタクトレンズの疑問
  •  > 
  • 乾燥に強いコンタクトレンズを 知っていますか?

乾燥に強いコンタクトレンズを知っていますか?

昔に比べ、使い捨てコンタクトレンズを使っている人の割合は、かなり高くなってきています。

その使い捨てコンタクトレンズは、ソフトコンタクトレンズなのですが、このソフトコンタクトレンズの特徴は、水分を多く含み、柔らかく装用感が良いことです。

しかし一方で、乾燥に弱いという弱点もあります。

 

そして2000年代に新しく登場したレンズが「シリコーンハイドロゲルレンズ」です。          

△ページTOPへ

シリコーンハイドロゲルレンズは乾燥に強い

シリコーンハイドロゲルレンズは従来のソフトコンタクトレンズに比べて、水分を低く抑えられ

かつ、コンタクトレンズの水分が蒸発しにくいという特徴を持ちます。

従来素材は、水分を低く抑えても、蒸発を抑えることができませんでした。

 

このようにシリコーン素材は、コンタクトレンズの水分の蒸発が少ないため、結果として、涙の減少を抑えて目の潤い感を長くキープすることができるようになったのです。

 

では、どのくらいの差があるのか、乾燥への強さの実験をしてみました。

従来レンズとシリコーンハイドロゲルレンズを、それぞれ室内で放置し、どの位乾燥するかを観察。    

 

コンタクトレンズの水分が蒸発しにくい

 

30分後、従来レンズは水分が蒸発し、小さく縮んでしまいましたが、シリコーンレンズは、

やわらかいまま、大きさもあまり変化しませんでした。    

 

2時間後

 

さらに、2時間経過すると、従来素材は完全に乾燥してカチカチになってしまいました。

ところが、シリコーンレンズは、まだやわらかいまま、大きさもあまり変化してません。

 

このようにシリコンレンズは乾燥に強いという結果になりました。    

△ページTOPへ

酸素を通す量も、3~6倍!

実は、このシリコーンハイドロゲルレンズには、もう1つ重要な大きな特徴があります。

それは、酸素透過性が従来レンズの3~6倍もあることです!

 

従来レンズは、コンタクトレンズの水分を通して酸素を取り入れていましたが、

シリコーンハイドロゲルレンズは、シリコーン自体が酸素を良く通します

そのため安全性も向上し、目への負担や、酸素不足による感染症や、角膜内皮細胞の減少

角膜血管新生、などの発生リスクを低減させることができます。

 

酸素透過性が従来レンズの3~6倍

△ページTOPへ

脂質汚れとケア用品との相性に注意

これだけ、安全性の高いシリコーンハイドロゲルレンズですが、他方、その素材に親油性という特性があり化粧品などの油分脂質汚れが付きやすいので、化粧品などの取り扱いには

注意が必要です。

 

最近ではコーティングをしたり、脂質が付きにくい素材も開発されたりしていますので、脂質が付きやすい方はこのようなシリコーンハイドロゲルレンズを選ぶ方が良いでしょう。

 

もうひとつ、ケア用品についても、シリコーンハイドロゲルレンズとMPS(マルチパーパスソリューション)の相性が悪いことが報告されています。

相性が悪いケア用品でお手入れすると、角膜に傷がついたり炎症が起きたりすることがありますのでケア用品を購入する際にはご相談くださいね。

 

関連記事 → ドライアイの3つの原因と対策

     → アイメイクで乾燥?!

     → その「見えにくい」原因は●●かも

△ページTOPへ

page top