メガネをお探しですか?

  • トップページ
  •  > 
  • 知っていましたか?メガネの○○なこと
  •  > 
  • レンズは●●に弱い

レンズは●●に弱い

メガネレンズ(プラスチックレンズ)は一見すると、

ただのレンズ(ただのレンズって何だ、ということではありますが。笑)に見えますよね。

 

しかし、実は快適な視界を確保するために、プラスチックレンズには様々なコーティング

されているんです。

コーティングというのは、薄い膜の層のことです。

 

しかも、この薄い膜も1つだけではなく、目的に応じて様々な膜が施されています。

レンズの断面を拡大すると次のようになっています。(最低限のコート)

 

レンズは●●に弱い

 

レンズ基材に直接施されているのは、「ハードコート」と言って、

プラスチックレンズの最大の欠点である「傷」をつきにくくするための処理です。

ただ、これは必要最低限の処理で、更に傷を付きにくくする【超硬コート】もハードコートとは別にあります。

 

傷に強い【超硬コート】をもっと詳しく知りたい方は 

→ 傷に強いレンズ

 

「ハードコート」の更に外側に施されているコーティングは「反射防止コート」です。

これは、簡単に言うとレンズの「透明度」を上げるための処理です。

この処理をすることによって、チラツキをなくし、クリアな視界を得られます。

一般的には、7~8層以上の多層コートで、層が多くなるほど透明度は高くなります。

 

△ページTOPへ

余談ですが...

この「反射防止コート」をしない「ハードコート」のみのレンズをわざと使用する人もいます。

ハードコートのみだと当然チラツキが多くなるのでメガネを掛けてる本人にとっては、ちょっと見づらい..です。

 

では、なぜあえてこのレンズを選ぶのかというと、

外の景色がレンズ表面で反射して、レンズ表面に外の景色が映りこみます(鏡のような感じ)ので、他人から目が見えにくくなってミラー的な効果が多少あり、それを好む人や、レンズの存在をわざと醸し出したい(レンズがキラリ、的な)人はこれを選択します。

 

さらに、キラリ感を出したい方は、フラットレンズ(製作できる度数は限られます)にすると

その効果は大きいです。

時々、ドラマでも俳優さんがかけてるメガネにこういうレンズを使用している場合がありますね。

反射防止コートハードコート

また、このハードコートさえもしていない、「ノンコート」と呼ばれるレンズもあります。

これは低価格のサングラスなどに使われる場合があります。

 

 

△ページTOPへ

●●に入る答えは

前置きが長くなってしまいましたが(汗)

これら繊細なコーティングは、

 

熱(ねつ)に弱いのです。

 

ということでタイトルにある●●の答えは、「ねつ」ということです。

では、熱が加わると、このコーティングはどうなってしまうのか...

プラスチックレンズは、有機質と無機質の組み合わせで出来ています。

有機質のプラスチック基材は60以上の熱が加わると体積が急に膨張する性質があります。

しかし、無機質の反射防止コートは、きわめて薄い金属膜でほとんど膨張しない為、

プラスチックの膨張に耐え切れずクラック(ヒビ割れ)が発生します。

 

クラックとひび割れ

次のような、無数の細かい線が「クラック」です。

細かい線がクラック

クラック

 

また、このクラックからレンズの表面のコーティングが剥がれてくる場合があります。

これは、キズからも同様ですが、クラックやキズから水分などが染み込みコートを浮かせて

剥がしていきます。

コーティングが剥がれてくる

コート剥がれ

 

 

△ページTOPへ

日常に潜む熱の危険

では、熱によるクラックが入ってしまう、よくある事例を挙げてみましょう。

 

車のダッシュボードの上に置いたままにしておく。

炎天下の車内温度70℃~80℃
炎天下の車内温度70℃~80℃

 

焼肉の鉄板や炭火の放射熱(約70℃)にあたる。(鉄板の横に置いておく)

焼肉の鉄板や炭火の放射熱

 

クッキングヒーターの高温に近づいた。(トッププレート約120℃

クッキングヒーターの高温に近づいた。(トッププレート約120℃)

 

焚き火やバーベキューの火のそばに近づく。

焚き火の炎は800度とも言われています。

 

サウナにメガネをしたまま入る。サウナ中段で80℃

サウナ中段で80度

 

ドライヤーの熱風にあたる。10cm離れても70℃以上

10cm離れても70℃以上

 

夏の砂浜に放置。砂上温度60℃以上

夏の砂浜に放置。砂上温度60℃以上

 

ヒーターの熱風にあたる。吹き出し口付近の温度は80℃以上

吹き出し口付近の温度は80℃以上

 

△ページTOPへ

急激な温度差にも注意してください。

熱以外にも急激な40℃以上の温度差によってもクラックの危険性が高まります。
急激な温度差

 

△ページTOPへ

実際にあった事例

当店の事例を紹介しますね。

事例①

「車の助手席にメガネを置いて、数時間後に戻ってきて、メガネを掛けたら見えにくくて

レンズを見たら表面が歪んでいた。昨日までは何でもなかったのに...」

これは、車を離れるときは日光が直接当たっておらず、戻ってくるまでの間に

太陽が傾いて、一定時間メガネが直射日光を浴びていたと考えられます。

直射日光が当たったハンドルとか、超熱い!のはみなさんご承知の通りなので、メガネレンズ

にそれが当たってしまうと短時間で一発KOです。

ちなみに外気温25度でも、ダッシュボードの直射日光が当たる場所は70度以上にもなります。

ダッシュボードの中も60くらいにはなってますので、基本的に車の中には置かない方が良い

でしょう。

事例②

「買ったばかりなのに、レンズに傷が入っている」と相談がありました。

レンズを拝見すると、キズではなく、熱によるクラックでした。

熱による現象である旨の説明をしましたが、常にメガネを掛けているので、熱に曝した記憶が

ないとのこと。

そこで、いろいろなケースをひとつひとつお尋ねしていったところ、焚き火をしていた、ということに

思い当たりました。

このように、原因が分かる場合もありますが、意外と思い当たらないことも多いです。

大体の方は気が付かないうちになってしまっています。

これは、日常で意外と温度自体を気にしていないことが考えられます。

例えば、45度のお風呂は熱いと感じますが、90度のサウナでは我慢できるというように。

ですので、前述の事例もそうですが、それ以外でも温度に対して少し気をつけていれば

防げますので覚えておいてくださいね。

△ページTOPへ

キズよりも熱によるクラック

最後になりますが、メガネを新しく作る際に、「キズが付いて見にくくなったから」

という理由の方のメガネを拝見すると、キズではなく、クラックによるものが結構な

割合であります。

是非、熱には気を付けるようにしてくださいね。

△ページTOPへ

page top