メガネをお探しですか?

  • トップページ
  •  > 
  • 案外知らない。悩みを解決してくれるレンズ12選
  •  > 
  • くもりにくいレンズ(防曇コート)

くもりにくいレンズ(防曇コート)

こんな方にオススメ。

  • マスクを着けることが多い方
  • ラーメンなどでよく曇る方
  • 料理好きな方
  • 冷蔵庫に出入りする方
  • 冬の電車で曇りが気になる方

 

春は花粉症、冬はインフルエンザ、など、マスクをする機会は昔に比べて多くなっている、という人は多いのではないでしょうか?

しかし、困ったことにマスクをすると、メガネが曇ってしまいます。これはメガネしている人には宿命ともいうべき問題ですよね。

 

そういう方には、このくもり防止コートのレンズがオススメです。

まずは、なぜレンズが曇るのか?というところからみていきたいと思います。

 

△ページTOPへ

レンズがくもるメカニズム

レンズが曇るメカニズム

レンズの曇りは、急激な温度差などによって、空気中の水分が細かい水滴となって

レンズ表面に付着することにより、本来レンズに届くはずの光が乱反射してしまうことで起こります。

この細かい水滴が原因だったのです。

レンズの曇り

くもり防止コートではそれを解消するために、レンズ表面に極めて親水性の高い特殊コーティングを施すことにで、レンズ表面の水滴を膜状化し、光の乱反射を抑え(光を通す)、曇りを防ぎます。

 

親水性の高い特殊コーティング

 

右半分がくもり防止コート、左半分が何もしていないレンズを使って

実際に息を吹きかけて、その差を比べてみました。

 

△ページTOPへ

お手入れは必要です。

くもり防止コートをしても、その効果を持続させる為には、定期的にメンテナンスが必要になります

 

メンテナンス方法は、くもり防止効果が薄れてきた時に、①付属の「防曇レンズ専用メガネ拭き」で拭きあげるか、②付属の「防曇レンズ専用くもり止めクリーナー」を塗布するか、します。

これは、メーカーによって違いますので、購入の際に詳しくご説明します。

お手入れは必要

注意事項

防曇コートは「曇りにくいレンズ」で「曇らないレンズ」ではありません。

次のような場合はレンズが曇る場合があります。

 

①レンズ面に汚れ等が付着した場合

②極端な温度や湿度変化があった場合

③多湿の環境下で長時間使用した場合

 

マスクをした時など、鼻息が上がりレンズ面に蒸気が付着し、視界がにじんで見える事があります。

これは曇るというより水分が留まり、視界に支障を来す状態なので、速やかに水分を拭き取ってください。氷点下ではレンズ面の水滴が凍り、曇ったような状態になることもあります。

 

△ページTOPへ

page top